平岩道夫&雅代の世界
わが心のサバンナ
サバンナからのメッセージ
ケニアとタンザニアのサバンナで出会った美しい野生動物たちの姿を撮影した30万カットの中から特に評判の良かった作品を中心に、24点選び”ポストカードブック”として販売
平岩道夫(HIRAIWA MICHIO)
1934年名古屋生まれ。明治大学卒業後、週刊誌の記者を経て、切手評論家・海外旅行評論家・写真家・著述家として活躍。写真集の出版や新聞・雑誌の連載、講演会、写真展、テレビ・ラジオ出演など多数。現在、アフリカアドベンチャーファミリーツアー(略称・平岩アフリカツアー)を主宰し、ケニア・タンザニアをすでに100回以上訪問。3000名以上を現地に案内している。父娘ともに両国の観光親善大使に任命されている。

平岩雅代(HIRAIWA MASAYO)
東京生まれ。父とともにケニア・タンザニアに17歳から訪問。目白学園女子短期大学卒業後は写真家としてデビュー。”世界で唯一の動物写真家父娘”として、アフリカをはじめ、ヨーロッパ、アメリカ、パプアニューギニア、南極などを取材。「平岩父娘のアフリカポレポレツアー」「イタリアからボンジョルノ」などエッセーや著作も多数。平岩アフリカツアーも父と共同で主宰している。


前のページへ