ゴルフ
 兵庫県西宮市の旦(だん)滋弘さん宅に3歳のオス犬「ゴルフ」、通称「ゴル」がいる。
 ゴルは人も犬も大好きな愛想の良い性格。ゴルの優しそうな目と表情を見ていると、自然と和やかな気持ちになるから不思議だ。
 ゴルフとは変わった名前だが、その由来はゴルが旦家にやってきたきっかけにある。ゴルの母親は滋弘さんの勤め先であるゴルフ場に姿を見せていた野犬だったのだ。「私は昔から犬を飼うのが夢だったんですが、妻は犬が苦手で……当初は触れることすらできませんでした」と滋弘さんは振り返る。
 ゴルに異変が起こったのは、連れ帰って10日ほど経ったある日。ゴルが急に動かなくなったのだ。急いで病院に連れて行くと「血液がダニに侵されていて今日、明日の命」と言われた。救急病院で受けた真夜中の輸血、その後2度にわたる輸血を経てゴルはようやく元気を取り戻した。「あの時妻は弱ったゴルを自然と抱きしめていたんです」。辛い経験でありながら、ゴルとの絆を実感した出来事となった。
 今では旺盛な食欲で家族を困らせるほど。朝夕の散歩と食事制限でダイエットに励んでいるゴルだ。