S家のティアラちゃん
 大阪府羽曳野市に住まうS家の一員、チンチラの「ティアラ」は今年15歳を迎えるおばあちゃん猫。くりっとした目と白いふわふわの毛が愛らしく、家族のアイドル的存在だ。
 もともと両親と長女・亜美さん(24歳)の3人家族だったS家は、先代の猫の死をきっかけに出かけたペットショップでティアラと出合った。幼いころからなぜか亜美さんの名前に反応する癖があり、亜美さんを呼ぶ声に一番に駆け寄っていくティアラは、家族内では「小さな亜美」という意味で「小(こ)亜美」という愛称が付けられている。
 普段は冷静で落ち着いた性格のティアラだが、電子音にはめっぽう弱いのだとか。「鳴らしたとたん、走りまわって大はしゃぎ、驚くほど豹(ひょう)変する」のだそう。
 そんなティアラは、一人っ子である亜美さんの幼いころからのよき遊び相手でもあった。「寂しそうな顔をした時や、体調を崩して寝込んだ時には、心配そうに寄り添ってくれるんですよ」と亜美さん。亜美さんにとってティアラは、多感な時期をともに過ごした、まさに姉妹のような存在だ。




過去の投稿文

  ・田中家「リリー」